ご挨拶

くるみバレエスタジオについて

ご挨拶

ご挨拶

華やかなバレエの世界は、基本的な練習の繰り返しです。

音楽を心で聴き、身体で表現しながら、集団の中での協調性・創造性・集中力を養っていきます。一人ひとりの個性を大切に、強くしなやかな精神力・体力を身につけながら、音楽にのって踊る楽しさを伝えていきたいと思います。

6歳からクラシック・バレエの基礎、精神を学び、大学卒業と同時に教師として指導の傍ら、数々の舞台を踏ませて頂きながら舞台芸術の奥深さに触れて参りました。出産~育児の時期はバレエを離れ、そちらに専念いたしました事が、現在、たくさんの生徒を見つめるうえで、大変貴重な勉強の時間であったと思っています。
日々成長していく生徒たちと共有できる時間は、大変幸福であり、その責任の重さも痛感しています。逢うたびに様々な表情を見せてくれる子供たち・・・自分も通ってきた道だからこそ子供たちの目線に立ち、そこから大人としてより良い方向性を探しながら接しています。

ますます厳しい社会情勢の中で、自分の足で立ち、自分の力で生きていかねばならない子供たち。
そこにはどんなに社会が進化しても忘れてはならない精神があり、私が多くの先生方・諸先輩方から受け継いできた事を、けっして諦めることなく伝えていくのが私の使命です。
私が永く師事させて頂いた、藤田さだを先生、藤田美知子先生、井上恭子先生・・・他にもさまざまな先生方のご指導を受けました。今の自分がありますのは、多くの皆さまの温かいご指導があればこそ・・・ここに改めて感謝申し上げ、その気持ちを全力で生徒たちへぶつけている毎日です。


プロフィール

  • 6歳、久留米市 藤田さだを舞踊研究所 入所  藤田さだを先生に師事
  • のちに フジタバレエ研究所 藤田美知子先生に師事
  • アシスタント・指導助手を経て、フジタバレエ研究所 教師を務める
  • ニューヨークにレッスン留学
  • 出産〜育児のため同研究所を退所
  • 筑紫野市 井上バレエスタジオ 井上恭子先生に師事

くるみバレエスタジオの歩み

2002年
3月:小郡市三国ケ丘公民館にてバレエ教室開講
4月:小郡市 ふれあい館三国 に移講
6月:筑紫野市「子どもたちよっといで」にて初舞台  "おもちゃの兵隊"
11月:第13回小郡市民文化祭出演  "セレナーデ" "アンネン・ポルカ"
2003年
3月:ふれあい館三国「第1回サークル発表会」出演 "メヌエット" "踊る猫"
9月:くるみバレエスタジオに改名〜設立
11月:第14回小郡市民文化祭出演 "パリの喜び" より
2004年
11月:第15回小郡市民文化祭出演 "くるみ割り人形" より
12月:「飛び出して音楽祭スペシャル」出演
2005年
11月:第16回小郡市民文化祭出演 "ドン・キホーテ" より
2006年
10月:第1回発表会
11月:第17回小郡市民文化祭出演 "くるみ割り人形" より
2007年
9月:下村由理恵講習会 第1回公演「ドン・キホーテ」に参加
10月:山崎三代子総監督 小郡市民ミュージカル「ハードル」賛助出演
11月:第18回小郡市民文化祭 文化協会の部出演 "ドン・キホーテ" "パキータ" より
11月:第1回勉強会
2008年
6月:小郡市民ミュージカル「ハードル」再演 賛助出演
11月:第2回発表会
2009年
6月:小郡市民文化協会芸術祭出演
11月:第2回勉強会
12月:小郡市民ミュージカル「ハードル」博多座公演 賛助出演
12月:下村由理恵リサイタル出演
2010年
11月:第3回発表会
2011年
11年:第3回勉強会

スタジオ

くるみバレエスタジオ外観1

くるみバレエスタジオ外観2


交通アクセス

くるみバレエスタジオ 周辺地図

Googlemapで地図を見る

くるみバレエスタジオ
TEL & FAX:0942-75-6384


  • 西鉄 三沢駅すぐそばです