Blog かーてんこーる

くるみバレエスタジオの方針について


満開の桜に迎えられ、新年度のスタート。

今年も車を運転しながら、眺めるお花見でしたが、桜の美しさに生きている喜びを感じる

節目の季節です。

 

春の二大コンクールも先週無事に終了し、生徒全員予選通過の目標も達成、

高校生部門では、酒本さつきちゃんが8位入賞する事が出来ました。

皆、今の実力を存分に発揮して自分の踊りを踊りきれた事、そして沢山の課題点も

見つけられた事、大きな手応えとなりました。

温かいご理解のもと、ご協力・応援頂きありがとうございました。

即、発表会に向けて加速しだし、振付・準備に追われる日々ですが、こうして教師一丸となり

生徒達と過ごせる事はとても幸せだと思います。

 

平成143月に開講した頃には想像もできなかった程、生徒達もスタジオも成長し、

喜び以上に責任の重さを痛感します。開講当初は未来ある子供たちにバレエ芸術を通して

バレエの楽しさを伝え心身共に強く優しく育成していく事・・・

がくるみバレエの方針として掲げてまいりました。これは初志貫徹、今でも変わりません。

その中で一年一年成長していく生徒達の中からもっとバレエを極めたい、プロを目指したい・・・等

色んな想いや夢も膨らんでくれる様子を見て、くるみバレエとしても成長・発展していかなければと、

5年前より特別クラスを設け外部講師より幅広く勉強出来る機会を設け、講習会やコンクール参加等、

生徒達の意欲に押されて、私も様々な方面からチャンスを与えられるよう動くように致しました。

もちろん、人間形成の上では、バレエだけを頑張るというわけにはいかず、学校生活も欠かせません。

その上で、学業とバレエを両立しバレエを生きがいとしてレッスンに励んでいる生徒もいれば、

とにかくバレエの上達を目標とし教師の道を志している生徒やプロのバレエダンサーを

目指している生徒もいます。

同じスタジオでバレエに取り組む中で、生徒達のバレエに対する想いや志し、

その子にとってのバレエという存在が何なのか・・・それは一人ひとり様々です。

今のくるみバレエスタジオの方針としては、そんな一人ひとりのバレエに対する想いや志しに合わせて

その子に合った指導をしていきたいという事です。

真剣にバレエの道を志ししている子、将来の夢は違うけどとにかくバレエが大好きで楽しんで続けたい子、

等、一人ひとりの想いに合った指導をする事を目標に取り組んでいます。

くるみバレエだから、本格的には出来ないとか、逆に本格的じゃないと出来ないとか、

そんな事は一切ありません。一人ひとりに合った指導、それがくるみバレエのカラーだと

思って頂けると幸いです。

 

ただ、生徒一人ひとり違う想いでバレエと向き合う中で、発表会だけは同じ目標に向かって

みんなで頑張っていくという想いは一つにしていきたいと考えています。

発表会や勉強会という場は、そのスタジオの集大成でもあります。

個々の目標とは別にみんなで一丸となって発表会という一つの目標に向かって取り組む事も

生徒達の成長には欠かせない大切な事だと思います。

その集大成となる発表会の場では、頑張っている生徒みんなにチャンスを与えられるように、

教師一同、真剣にみんなの事を想い、今その子が一番輝ける方法を常々話し合っております。

また、教師と生徒・ご父兄の方々が信頼し合ってこそ良いものが創り上げる事が出来ます。

これからも生徒達と共にくるみバレエスタジオも成長し続けていきたいと思っていますので、

温かく見守って、お任せ頂ければと思います。

 

・・・と、少々堅苦しくなりましたが、春のコンクールも終了し新年度もスタートし、

発表会に向けて一気に走りだす良いタイミングですので、皆さんへご報告も兼ねて

くるみバレエスタジオの方針のお知らせでした。

今、着々とソロ生の衣装も出来あがってきていますが、作製部さんと深夜まで練ったプランが

見事に現れているとてもその子に合った衣裳が揃ってきました。

くるみバレエスタジオのHPもようやく再稼働しだし、色んな楽しみが膨らんでいきます。

「何でも楽しまなきゃ・・・」

これも私のポリシーですね。